期間縛りがないWi-Fi回線のメリットとデメリット

インターネットを利用する場合にはインターネット回線を契約する必要があります。インターネット回線には大きく分けて光ファイバーなどの固定回線をWi-FiやWiMAXの無線回線があります。

手軽でリーズナブルに利用することができる無線回線ですが、主なプロバイダーの提供するWi-FiやWiMAXでは2年縛りや3年縛りの契約が主流となっており、契約期間終了前に解約したり、契約更新月に解約しないとかなり高額な解約料金や違約金が必要なことがほとんどです。それに、最近では2年縛りよりも3年縛りに切り替わってきており、長い契約期間に違和感を覚える人もいるかもしれません。


メジャーなプロバイダーでは期間縛りがないことほとんどありませんが、少数ながら期間縛りがないプロバイダーも存在します。期間縛りがないプロバイダーでもWi-FiやWiMAXの回線はメジャーなプロバイダーと同じですから、メジャーなプロバイダーと比べても回線のデメリットはありません。


メリットとしては期間縛りがないので、いつ解約していも違約金が発生することもありません。また、期間縛りがあるプロバイダーの利用料金と比べてみても、決して高いものではなく安い場合もあります。事務手数料も不要ですし、ルーターも無料で提供されます。


デメリットしてはクレジットカード支払いをしなければならないということくらいでしょうか。また、それぞれのプロバイダーの契約によってデメリットを感じる事項があるかもしれません。また、メジャーなプロバイダーでないことは少し不安を感じる人もいるでしょう。